おっおっぱモンクレール アウトレットいバレー』

ナイスおっぱい! そう言いたくなるほど楽しい映画でした. 実話を基にした青春コメディとはいえ、笑えるだけでなく感動もさせてくれる、まさにお疲れ気味の日本にぴったりの元気映画. 私も中学生男子を経験してきた者として、これほどまでにおっぱいに対する憧れをきちんと描いてくれた作品に出会えたことは本当に嬉しかったです. ですから男性諸君、是非「ナイスおっぱい! 」と叫ぶために映画館へ行きましょう! 私も一人の男性として、これまで何度も女性から「なぜ男性はそんなにおっぱいが好きなのか? 」と聞かれたことがありましたが、その答えは登山家が山に登る理由と似たようなもので、「そこにおっぱいがあるから」. ただそれだけなんですよね. 単に男性にない体の部位だから興味があるのではなく、あの膨らみから想像する柔らかさに憧れ、でも実際に触れるとその想像とはまた違う飽きることのない柔らかさに酔いしれる感動. あれを男は死ぬまで追い求めるものなんですよ. ですからこの映画でもバレー経験なしのバレー部男子5人が風圧でおっぱいの柔らかさを疑似体験するOPのいやらしい手つきも懐かしさで思わず笑っちゃうんですよね. あぁ~私もあんなことよくしてたって. さらに「道程」など音だけ聞いてアホな連想をしたり、「11PM」に妙な期待を抱いたり、レオタード姿の新体操部に見惚れたり、女子テニス部のスコートを覗き見ようとしたり、雨に濡れて透けて見えるブラ線に興奮する気持ちも凄く分かるんです. 特に現代と違って情報を仕入れる媒体が少なかった昭和の時代は、妄想を掻き立ててくれるための材料集めの苦労から、もう楽しくて仕方ないんですよね. 男の友情はスケベ心でより強固なものになる. これをこの映画がしっかりと描いてくれたことは本当に男としてナイスおっぱい! でした. またバレー部をダメにした不良の先輩がきっかけでバレー部が生まれ変わったり、でもその不良先輩も後輩の城クンもその父親もみんな「おっぱい」に対する憧れにほだされて協力して前に進もうとしているところもナイスおっぱい! でした. 美香子先生の教師としての成長ぶり、教師と生徒の信頼関係、教師たるものの本来の務めなど、おっぱい以外の要素も映画全編にかかる懐メロに載せて巧く楽しく描かれていたので、ラストのバレーの試合も自然と感動してしまいましたよ. やはりおっぱいは全男子共通の友情の証. 同じ男として妙な感動までしてしまいました. そして美香子先生とバレー部員の別れのシーンにも、おっぱいに対する憧れがきちんと描かれていたのもナイスおっぱい! でした. バレー部員6人がボールを体操着の下に入れておっぱいにするのは男性なら誰しも経験があると思いますし、またおっぱいは本来見るものではなく触れるものということを明かしたあの手紙もナイスおっぱい! 男としておっぱいは見たら触れたくなるけれど、触れることができれば別に見れなくてもいい. これが微妙な男心ってヤツなんですよね~. あぁ~ナイスおっぱい! ちなみにポニテ好きの私としては今回綾瀬はるかさんのポニテを堪能させてもらっただけでなく、平田クンの幼馴染で女子バレー部にいた小島藤子ちゃんのポニテ姿も最高でした. セーラー服でポニテ、ブルマ姿でポニテ. アグ スリッポン できれば私服姿でポニテも見たかったなぁ~と思えるほど、いいものを見せてもらいましたよ. 特に男子バレー部に試合で負けてへたり込む姿、かわいかったです♪ 余談ですが、1970年代の街並みや小道具の数々. よくぞあそこまで集めたもんだと少し感心しました. 深夜らじお@の映画館 は生粋のおっぱい星人です.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>