オスプレイめぐる専門家チームが初会合 防

防衛省は25日、米新型輸送機オスプレイ墜落事故をめぐる米側の事故調査報告を分析・評価する専門家チーム(チーム長=黒江哲郎・防衛政策局次長)を発足させ、同省で初会合を開いた. メンバーは自衛隊パイロットや国土交通省幹部、東大、防衛大学校の航空工学の研究者ら16人. 森本敏防衛相は会合の冒頭、「我々の視点で科学的な分析評価を独自に行う必要がある. 日本の国民にどのようにしてオスプレイの安全性を理解し、認識していただくか. できるだけ客観的な分析をお願いしたい」と呼びかけた. 今年4月と6月の事故の調査結果について8月までに米側から説明を受け、独自の基準で評価する方針だ.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>