カネミ油症座り込みに幕 42年、モンクレール サイズ区切りの

国内最大の食品公害とされるカネミ油症をめぐり、市民団体が原因企業カネミ倉庫(北九州市小倉北区)前で毎月続けてきた座り込みが24日、500回を機に幕を閉じた. 元牧師の犬養光博さん(72)らが結成した「カネミ油症を告発する会」が1970年に始めて42年. 無関心や風化との闘いだった. 「裁判で油症は片づかないぞ! 」. 日が落ちた午後7時、犬養さんはハンドマイクで最後のシュプレヒコールをあげ、駆けつけた支援者と握手を交わした. 座り込みは毎月第4土曜日の朝7時から12時間. 犬養さんは福岡県福智町の自宅から通い続けたが、昨年4月、長崎県の息子夫婦の元に移って活動が難しくなっていた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>