共産党書記局長に山下芳生氏 13年ぶりに

共産党は18日、静岡県熱海市で開かれた第26回党大会で、党ナンバー2の書記局長に、新しく山下芳生書記局長代行(53)を充てる執行部人事を決めた. 市田忠義書記局長(71)は副委員長に就く. 書記局長の交代は2000年11月の第22回大会以来、約13年ぶりとなる. 世代交代をはかって、来春の統一地方選や次の国政選挙での党躍進につなげたい考えだ. 志位和夫委員長(59)は留任し、不破哲三前議長(83)は党中央委員に再任された. 志位氏は大会後の記者会見で「全体の力量、若さと可能性を全体として判断し、山下さんにご苦労いただくことになった」と語った. 山下氏は「政治を変えるエネルギーが若者の中に育ってきている. 若者への働きかけに全力を尽くしたい」と抱負を述べた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>