劇団ショートケーキ「怪盗フィットアイ参上

ということで、今日は「会社のブログ」っぽく宣伝いいですか(笑). 23日勤労感謝の日に行われた、 フィットワン さんの年に1度のタレントさん勢ぞろいイベント、「 劇団ショートケーキ第7回 」の様子をまたまたオリジナル写真集として発売です! 撮影は大変だったけど、エネルギッシュな現場はやっぱりいいですね! ※う~ん、個人的には「 ローラ・チャン 」さんがもうカワユスでしかたないのだがどうしようか. 閑話休題. もちろん「選べる写真集」というのは、技術的にも可能になったし、凄くいいことだとは思います. 今回も、340枚の写真の中から、好きな22枚をチョイスしてオリジナル写真集がつくれちゃう! というサービス. ただ、写真や動画、あるいは音源といったものがコピーされやすい、量産され易い時代になってゆけばこそ、 「ライブそのもの」「商品におけるライブ感」 が大事になると思うのです. もちろん、ライブに来てもらうことが一番なんだけれども、その「ライブ感」を、どう商品に、流通に落とし込むか. ライブの舞台も本気なら、選ぶ、買うこっちも、パッケージされた写真集じゃなくて、いい写真、好きな写真を、ショーブして選んで、買おうぜ! という 「ライブ感」「ライブのような購入者側の温度感」が、この写真集もコンセプト ではあるのだ. ちょっと前の「ライブ」「ライブ感」にまつわるニュースですが、アメリカのショービジネス界における、マドンナさんのニュースは時代だな、と思った記憶がある. ポップミュージック界のスーパースターであるマドンナが、デビュー以来、25年に渡ってパートナー関係にあったワーナーミュージックグループとたもとを分かち、彼女が新たに契約を結んだ相手は、 なんとレコード会社ではなく、イベント興行会社の「米Live Nation(ライブネーション)」 . マドンナが手にする金額は、10年の長期契約で1億2000万ドル(約140億円)と言われている. トップアーティストによる巨額かつ前例のない契約形態が、音楽業界に投げかける波紋は大きい. 米Live Nationは、ワールドワイドにイベント運営を手がける、興行会社の最大手. もちろん、レコード会社とは事業内容も骨格もまるで異なる企業であり、今回のような形でアーティストと契約を結ぶのも初めてのことだ. 同社が莫大な契約金と引き換えにマドンナから獲得した権利は、アルバム3枚分のリリースや、ライブツアーのマネージメント、アーティスト商品の販売、「マドンナ」というアーティスト名のライセンスなどが含まれる見通し. レブロン ジェームス つまり、 CDの制作・販売だけでなく、マドンナというアーティストにまつわるビジネスの、ほぼすべてに関わる ことができるわけだ. 米Live Nationは、2001年以降に彼女が行ってきた3回のワールドツアーをプロデュースしており、総額で5億ドル(約580億円)近い収益を上げた. こういったライブ事業を主軸にして、多角的なビジネスを展開していくのが同社の狙いだろう. その中で CDやDVD作品が担う役割はそう大きくないかもしれないし、「ライブ事業のプロモーションツール」といった程度の位置付けになることも考えられる. (文/澤田大輔; Spoo!) ※ 日経トレンディ さんより抜粋(2007年11月13日) 「CDやDVDはプロモーションツールであり、ライブイベントや物販で稼いでいくぜ! 」by 「CD・DVDトップセールスのマドンナ」. という動き. 3年前. KARAや少女時代がネットが発達した韓国でCD売れずに、「日本だとまだCD売れる! 」として来日しているのは自明の理. 今後は音楽、芸能プロさんも多角的なビジネスをしていく必要があるし、その根幹はやはり、「ライブ」でしかないのだ. 23日のフィットワンさんの舞台ライブも、真剣さあり、真剣だからゆえの可愛らしい失敗ありで、 「これが舞台だな」「これがライブだな」 って. そんなライブの様子を撮影しまくった2000枚からのチョイス、340枚です. 見ているだけでも、その息吹が伝わる「 自分そのものでショーブする女の子たちのライブ感あふれる写真集 」チェックしてみてください. ※劇団ショートケーキOnly one Alubum「怪盗フィットアイ参上.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>