学生が創り上げた『ZiO』は、今までの常

こんにちは! TCG担当のファイです. デジタルハリウッド大学の特別課外授業”来る2016年のカードゲームを創る”最後の講義が、11月26日に公開講義の形式で開催されました. 最後の講義は、これまで学生たちが創り上げてきたトレーディングカードゲーム『ZiO -Zest in One.-(ZiO)』の発表会となりました. この記事では、実際のカードでプレイできる体験会となった公開授業の模様をお届けします. “みんな”で遊べるカードゲーム. それが『ZiO』 当日はあいにくの空模様でしたが、それでも20時の受付時点で130人近くが来場しました. さっそく、配付されたルールブックの内容について、一緒に来た人たちと盛り上がっている人が多く見られました. 誘導開始とともに多くの参加希望者が列を作っていました. 今回の体験会で使用するプレイマットとカード. 体験会用のカードとはいえ、市販されているカードゲームと同じクオリティで仕上がっています. まずは大河内氏と担当の学生から、スライドを使ったゲーム概要の説明です. ここで初めて、『ZiO』が”ターン制ではない”ことや、”多人数でプレイできる”ことが説明されました. 詳細なルールは『ZiO』の公式サイトで公開されていますので、気になる方はそちらもチェックしてみてください. 靴を脱いで人工芝に座ってルール解説という斬新なスタイル. テーブルで2人が向き合って座るのだけがカードゲームではないということです. トレーディングカードゲームは”1対1で対戦するもの”というのが半ば常識のようになっていますが、『ZiO』はそれを打ち破るまったく新しい感覚のゲームになっています. 今回は体験会ということもあって、7種類のカードを各2枚ずつ使った14枚のデッキになりましたが、実際には50枚の構築戦でも遊べるように設計されているとのことです. “14枚で対戦できる”のは、仮に商品化したとして、2パック購入すればシールド戦(パックから出たカードをそのままデッキとする対戦方法)で遊べるようになっているためで、この体験会もシールド戦と同じ感覚で遊べるようになっていました. また、このカードのデータは『ZiO』の公式サイトで公開されているのでプリントアウトすればすぐに遊べるようになっています. 今回使用した7種14枚のカード. このカードは公式サイトでPDFデータがアップロードされています. 自らカードバランスを調整した学生たちがルールの質問に答えていました. 3人で遊ぶこともできるので、”相手がいないから暇”ということがありません. さっそく4人で対戦している人たちも見受けられました. “カードゲームを創る”ということは、”カードゲームが始まる”ということ. 閉場後、特別講義を受講した学生たちにあいさつをする大河内氏と竹本氏. のべ200人近くが参加した、4回目の授業は大盛況で幕を閉じました. “大学の授業としての『ZiO』プロジェクト”はこれをもって終了となりましたが、どうやらまだ終わりというわけではないようです. 閉場後に大河内氏は、”来年1月に『ZiO』を遊ぶ会や進捗の報告をしたい”と言っていました. また、「うちで出しませんかと仰って頂けるメーカー様がいれば、もしかしたら市販されるかもしれない」という発言ともありましたので、今後の展開が期待できるかもしれません. 電撃オンラインでは、引き続き『ZiO』の続報が届き次第お届けしていく予定です. 来る2016年、『ZiO』はカードゲームとして世に出ているのでしょうか. まだ誰も知るところではありませんが、今から楽しみですね. それではまた! 最後に”来る2016年のカードゲームを創る”受講の学生と大河内氏、竹本氏で記念撮影. TCGの大学授業 関連記事 ●”ドクター・オー”こと大河内卓哉氏が大学特別講師に就任. “来る2016年のカードゲームを創る”の題目で講義を実施 ●”カードゲームの授業”仕掛け人の竹本氏と講師の大河内氏にその授業の意図を直撃! 最終の授業は一般公開が決定 ●カードゲームは人の心の揺れを創っている. “TCGの授業”を手がける竹本氏、大河内氏にその意図を聞いた ●『ZiO』プロジェクト始動. 大学生が新しいカードゲームを創り出す【TCGの大学授業・第1回】 ●新しいカードゲーム『ZiO』を創り出すため、学生たちが奮闘【TCGの大学授業・第2回】 ●『ZiO』発表直前! カードを作るだけがカードゲームを創ることではない【TCGの大学授業・第3回】 なお、今回の”大学の授業としての『ZiO』プロジェクト”は、デジタルハリウッド大学が実施している”企業ゼミ”というプログラムを利用して実施されました.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>