酒井選手のゴール「フクシマのよう」 独で

ベルリン=松井健】ドイツ北部ブレーメンで3日にあった独サッカー1部リーグのブレーメン対ハノーバーの試合で、スタジアムのアナウンサーがハノーバーの酒井宏樹選手のゴールを「フクシマのようだった」と場内放送し、後に謝罪していたことがわかった. 酒井選手は前半41分に一時同点に追いつく得点をした. 独紙ウェルト(電子版)によると、アナウンサーが「このシュートは少しフクシマのようだった」と、東京電力福島第一原発事故にたとえて表現. その後、「愚かだった. シュートが光線のようだったということを表現しようとして、口を滑らせてしまった」と謝罪したという. その傲慢さを償え――『Sugg 激安DGO』対戦イベ 欧州では、2011年8月にベルギー1部リーグで川島永嗣選手に相手チームのサポーターが「フクシマ」とヤジを飛ばし、相手チーム側が謝罪している.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>