韓国外相、米韓外相会談で日本批判 米側は

米韓外相会談が7日、ワシントンで開かれた. 韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相は会談後、「歴史問題が地域の和解と協力を進める上での障害になっている」と語り、日本を暗に批判. 安倍晋三首相の靖国神社参拝などで冷え込む日韓関係を会談で取り上げたことを明らかにした. 一方、ケリー米国務長官は会見では日韓関係には触れなかった. 尹氏はケリー氏とともに臨んだ会談後の会見で、「ケリー氏と私は、最近の北東アジアで不確実性が広まっていると認識している」と述べ、日本の名指しは避けながらも、安倍首相の歴史認識問題に懸念を表明. 「誠実な行動が必要だ」と語り、日本側の対応を求めた. その上で尹氏は「緊張を軽減し、北東アジアの平和と協力を促進するための努力を強めることで合意した」と語った. 一方でケリー氏は、会見では日韓関係や安倍首相の靖国参拝などについて触れなかった. 米政府は昨年末、靖国参拝に「失望」との立場を表明したが、あえて公式の場で批判を繰り返さなかったかたちだ. ルブタン 靴 米側は「日本と周辺国が平和的な対話で解決するよう望んでいる」(国務省)との立場で、日韓双方が関係改善に努力することを促したとみられる.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>